キャバ嬢のやる気を引き出す キャバクラの色恋管理とは?

キャバ嬢のやる気を引き出す キャバクラの色恋管理とは?

キャバクラで行われる色恋管理とは?

キャバクラはボーイとキャストは基本的に恋愛NGですが、一部例外として、それが認められる場合があります。
それが色恋管理と呼ばれるキャスト管理の方法が認められた場合です!

ボーイの仕事の中には「キャスト管理」と呼ばれる、キャストのキャバ嬢の仕事に対するモチベーションを維持させることも含まれます。
仕事に対する不満や愚痴を聞いたり、ネガティブになっているキャストを励ましたり。
そうする中で、キャストと付き合うことによってキャストのモチベーション維持につなげる方法もあります。それが色恋管理です!

もちろん、すべてのお店、すべてのキャストに色恋管理が認められてはいません。
店長や他の先輩ボーイから見て、そのキャストの性格などを考えて色恋管理が適切だと判断された場合だけ、色恋管理は認められます。
この記事では、その色恋管理をすることによるメリットとデメリットについて解説していきます!

色恋管理をしかけるメリット

まず、色恋管理をしかけるメリットについてまとめていきます!

  1. キャストのプライベートまで介入することができる
  2. キャストの気持ちの面の管理がしやすい
  3. キャストに長期的に働いてもらいやすい

まず、色恋管理をしかけるメリットとして、プライベートまで介入してキャストの管理を行うことができることが挙げられます。
ボーイが彼氏であれば、休日に何をしているか聞きやすいですし、今何をしているのか管理しやすいです。
プライベートで連絡のやりとりをしやすいというのもメリットですね。

彼氏・彼女という関係になる分、よりキャストに踏み込んで管理できることが、色恋管理の最大のメリットでもありますね。
さらに、ボーイが凄腕だった場合キャストをうまく惚れさせて、長期的にお店で働いてもらいやすいというのも色恋管理によるメリットだと言えます。

例えば、色恋管理をすることによって「もっと長く一緒にいたいから一緒にシフト入れようよ」と言ってボーイがたくさんシフトを入れれば、自然とキャストのシフトも増えます。
うまくいけば女の子のやる気を出させる効果もあるので、実は色恋管理がうまくいっているキャストはお店のナンバーに食い込むほどの人気のキャストになるということも多いです。

色恋管理をしかけるデメリット

逆に、色恋管理をしかけることによるデメリットもあります。
そのデメリットについてまとめるとこのようになります。

  1. 別れた時に同時にお店を辞められることも
  2. お客さんにはバレないようにしないといけない

色恋管理はキャストの恋心をうまく利用したキャストの管理方法です。ですが、もし別れたり喧嘩をしてしまったらどうなるでしょうか?
別れてもうまく気持ちの区切りをつけて、元のボーイとキャストの関係に戻れるなら問題ないでしょうが、そう簡単にはいきません。

色恋管理は、別れたり喧嘩をしてた瞬間にお店を辞めてしまうキャストも多いです。
また、いくらキャスト管理の一環だからといって、お客さんにバレるようなことは阻止しなければいけません。

他のキャストも人格者ばかりではありませんので、色恋管理をしているキャストを妬んで「あの子あのボーイと付き合ってるよ」とバラされたら逆に売り上げは減ります。
そのため色恋管理をする場合、店長や先輩ボーイに話を通すことは必要ですが、あまりお店全体に話を広めるようなことは控えておくのが鉄則です!

Do NOT follow this link or you will be banned from the site!