結構忙しい? キャバクラのボーイの仕事内容(新宿のお店の体験談)

結構忙しい? キャバクラのボーイの仕事内容(新宿のお店の体験談)

キャバクラのボーイの主な仕事内容(新宿の場合)

キャバクラのボーイの主な仕事内容はキャバクラの経営を裏から支えることです!
そう言うとすごく地味な仕事のように感じてしまうかもしれないですが、実際はそんなことはなくて、ボーイの仕事はキャバクラを経営する上では必要不可欠。
ボーイがいないとキャバクラは営業できない!

そしてボーイといえば激戦地・新宿のキャバクラが一番大変だと思います。
俺はボーイとして新宿のキャバクラで働き始めた時、まず最初に店長に言われたことがそれでした。
今でもしっかりと覚えてます。

この記事では、キャバクラのボーイの主な仕事内容について、新宿の店舗で実際に働いた経験をもとに時間帯別に解説していきます!

営業前

まず、営業時間前。
ボーイはキャバクラが開店する1時間くらい前には出勤して、その日の準備を始めます。
主な仕事別に、その内容ややり方を簡単にまとめていきます。

清掃作業
下っ端やバイトのボーイがまず任されるのが、この清掃です!
キャバクラはとにかく店内を綺麗にすることにかなり気を遣っていて、床やテーブルの掃除から調度品のメンテナンスまでしっかり行うので、そこらの飲食店より清掃に時間がかかります。特にお店によってはフロアがかなり広いところがあったり、VIPルームが用意されているところも多いので、隅々まで、余すことなく綺麗にします。
もし掃除したくらいでは落ちない汚れやキズがあったら店長に報告して、近日中に専門の業者などを呼ぶこともありました。
トイレや控え室の掃除も忘れてはいけません。
買い出し
フードや消耗品の買い出しに出かけます。俺が働いていたキャバクラは、徒歩圏内に大きめのスーパーがあったのでそこに買い出しに行きました。
トイレットペーパーなどの消耗品類に関しては、広告をチェックして安い時にたくさん買うようにするなど、その時々によって買うものは変わります。
また、この時キャストから「これ買ってきて!」とパシられることもあるので、一緒に買いに行きます。
買いもらしはあってはいけませんし、お店の経費を使うことになるので新人ではなくある程度仕事に慣れたボーイが任されることが多いですね。
出勤確認
キャストの出勤確認もボーイが行います。
今日出勤予定のキャストがちゃんと来ているか、遅刻や欠席の連絡はないか、また同伴中のキャストがいるかどうか。しっかり確認して、無断遅刻・無断欠席になりそうなキャストがいたらすぐに連絡を取ります。
キャストの中には時間にルーズな子もいたりするので、この作業は念入りに、また早めにやります。
下っ端ボーイが連絡をしても話を聞いてくれない子もいるので、ベテランボーイやそのキャストの管理を任されているボーイが担当することになります。
送迎など
これに関しては専門の送迎ドライバーを雇っているお店もありますが、規模が小さいお店ではキャストの送迎もボーイが行うこともあります。
出勤の時は送迎なしで、送りだけ行うというお店もありますね。
お店によって送迎の業務も任されるかは変わってきます。

営業中

これらの開店準備が終わったら、いよいよ営業開始です。
営業中にやらなくてはいけない仕事についてまとめていきますね。

お客さんのエスコート
来店したお客さんをまず出迎えるのはボーイです。
ボーイがお客さんを出迎えて、指名の有無を聞いたり、荷物を預かったりします。
この時、お客さんに失礼が無いようにきちんとした姿勢やきっちりとした敬語を遣わなければいけないので、接客スキルが活かされます。
指名がないお客さんの場合、お客さんの好きそうなキャストを付ける「付け回し」という業務もこの時に行います。
氷・灰皿の交換
席に着いたら、そこからはキャストが中心に接客して、ボーイはそのサポート役に回ります。
例えば水割りを作るための割り材や氷が半分ほど減ったら新しいものに交換しますし、灰皿の上に吸殻が乗ったらすぐに綺麗な灰皿と交換します。
このようにテーブルの上を常に綺麗に保ち、キャストとお客さんが居心地よく感じられる空間を作ることがボーイの営業中の主な仕事です。
トイレ確認
お客さんやキャストがトイレに行きたいことを伝えられたら、まずボーイが今トイレは空いているか確認します。
キャバクラでトイレの前でトイレ待ちをさせるなんてNGですからね。
トイレの近くにいるボーイにトイレの空き状況を確認したり、自分でトイレまで走って空いているか確認するなど、やり方はお店によって様々です。
キッチン
そして最後にキッチン業務です。
キッチン専門のスタッフを採用している場合もありますが、ほとんどのお店ではボーイもキッチンに立ちます。例えばキャストがオーダーしたキャスト用のドリンクを作ったり、盛り付けるだけでOKな簡単なおつまみを用意するなど、飲食店ほど難しい業務はありません。
ですが、お店によってはそれなりに包丁技術が必要なフルーツの盛り合わせを作ることもあるので、メニューによりけりな部分はあります。

営業後

そして午前0時〜1時、営業が終わったら片付けをします。
営業終了後のキャバクラのボーイの仕事内容をまとめるとこのようになります。

締め作業
まず、テーブルの上のものを片付けてゴミ分別をしたり洗い物をまとめます。
そして食器洗いにまわったり、テーブルの清掃をしていきます。その日の汚れはその日のうちに、の精神でしっかり掃除していきます。
空いたボトルをまとめたり、明日ゴミ収集に出すものをコンテナに入れたりなど、細かな片付けや掃除がメインです。
体力的に疲れ切っている時にゴミ出しを任された時は、もう体力は限りなくゼロに近づきます。
名刺整理
これは俺が働いてたお店では営業終了後に行ってたのですが、お店によっては営業前にやるところもあるみたいですね。
その日初めて来店したお客さんの名刺をキャストから借りて、印刷して張り出します。次に来店した時に、どのキャストもそのお客さんの基本情報を知ることができるように、顧客管理の一環として名刺整理を行います。
また、キャスト自身の名刺が足りなくなりそうだったら、それも営業終了後に印刷業者に発注して、次の日かその次の日の営業には新しい名刺を受け取れるようにしておきます。
明日の準備
そしてあらかた終わったら明日の準備をします。
明日の営業に必要な備品やフードなど、買い出しが必要なものをまとめたり、イベント前日の場合は残業してイベント用の準備をします。
また、明日の出勤メンバーに目を通しておいたり、明日同伴予定の人はいないかどうか確かめたりもします。時間や営業後の業務に余裕があれば、明日の開店準備が少しでも楽になるように明日の準備を念入りに行いますね。
例えば誰かのバースデーイベントは店内を誕生日仕様に飾り付けたりするので、前日はかなり忙しいです。
そのような明日の営業で必要な準備を行い、日払い制の場合は給料をもらって解散します!
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!